中村彰宏ブログ


ボンボネーラ・ファミリー中村彰宏のブログ。シンガポールでは「キング」と呼ばれている!!
by king-aki
プロフィールを見る
画像一覧

3位決定戦

昨日はシンガポールカップ3位決定戦。
俺達は準決勝をPK戦で落とし、悔しい思いをしたので、この試合に対する思いは相当なものだった。
相手はウッドランズで、今シーズンは1勝1敗1分けで五分。
最後に勝って終わりたかったね。
でも、結果はまたもやPK負け。
前半からずっと俺達のペースで、37分に俺が先制点。練習試合を含めて3試合連続ゴールで良い感じ。
その後も俺達が攻め込むけど追加点が取れず、前半終了。
そして後半、まったく負ける気がしなかったし、実際、俺達は何度もチャンスを作ったけど、どうしても2点目がとれず、逆に俺達のDFがPKを与えてしまった。
けど、これは全くファールじゃなかった。でも審判が笛を吹いたら変わらない。
そのPKをうちのGKが見事にセーブ。誰がどう見ても完全に止めてた。
GKがはじいたボールを俺達が拾ってそのままプレーが続けられた。どう見ても完璧なセーブだったから審判もそのまま続けていたら、ラインズマンが思い切り旗をあげ、GKが先に動いたと主張。あり得ない。ほぼライン上で止めたのに。その後2回目は成功され、1-1に。
これが完全に試合を決めたような。
でもその後もうちにはチャンスがあったけど決めれず同点のまままたもやPK戦へ。
ここでも、審判の怪しい行動が。
相手の3人目が、ポストに当てて外した。しかし、これもまたGKが先に動いたとラインズマンが主張。こっちから見てもGK全く動いてませんでした。そいつは2回目は決めて、逆に俺達の3人目が外して、そのまま5-3でまたもやPK負け。
何とも悔しいというか呆れてしまう、審判の質の低さ。
これには俺達の見えない力が動いているようにしか思えない。

ただ、世界中のサッカーでこういうことは起こると思うし、シンガポールだけではないだろうし、もっとひどい国もあるだろう。
それでも、勝てる力をつけないとダメって事。
実際、俺達には2点目を取れるチャンスは何回もあったわけだから。
でも、ウッドランズのような金持ちチームに俺達のような貧乏・雑草チームが互角以上に戦えたことは間違いないし、それは、チームメートやコーチングスタッフを初めバレスティアっていうチームが総力を挙げて戦ったからだと思うし、本当に誇りに思うし、そういうチームのキャプテンである事に感謝したい。
何年ぶりかに悔しくて泣いてしまって、応援に来てくれたファンの方や子供達には恥ずかしいところ見せてしまったけど、この悔しさを決して忘れないようにしたい。
もっともっと上手く、もっともっと強くならないとって思った。
昨日は遠い所なのに、本当に沢山の方々が応援にきてくれました。本当にありがとうございました。
今シーズンも残り2試合。最後まで戦いますので、どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by king-aki | 2006-11-13 13:34 | 試合結果
カテゴリ
全体
ニュース
チーム
シンガポール
試合日程
試合結果
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧